セールスコピーライターになって文章で稼ごう

セールスコピーライターという職業は、ただ文章を書けばいいというものではありません。文章をただ書くのではなく、売れるための文章を書くのが、セールスコピーライターにおいて大切なことです。そのため文章を書くだけならだれでも簡単にできると思っている方もいますが、最初にある程度の予備知識を身につけておくことが大切です。例えばセールスコピーに関する書籍が数多く販売されているので、そのような本をチェックしてみるのも1つの手です。基礎知識を身につけたうえで、どうしたらセールスコピーで自分も稼ぐことができるのか考えていきましょう。セールスコピーライターは特別な資格が必要なわけではありません。誰でも気軽に始められる仕事でもあります。誰にでも始められるといっても、誰もが同じように稼いでいるわけではないのです。稼げるようになるためには、良い文章を書くことが大切です。

セールスコピーライターでは、実際の作成事例を参考にすることも大切です。何もない状態から文章作成をしようと思っても、書き出しでつまずいて書けなくなってしまう方も多くいます。そこで実際に作成事例を参考にすることで、どのように文章を書き進めていけばいいのか考えることにつながります。もちろん作成事例をそのまま使ってしまうのは、著作権違反です。あくまで参考にすることにとどめて、セールスコピーを考えるときには、自分の言葉で文章を作っていくことを忘れないようにしましょう。例えば健康食品のLPを書くとき、みんなが同じような文章を書いていたら、商品ごとの違いがわかりません。自分独自の言葉で、ほかの健康食品との違いがわかる文章を書くことが大切です。

では健康食品のHPの作成事例として、どのような文章を書けばいいのでしょうか。まずポイントとなるのが、興味を持ってもらえる文章が書けるセールスコピーライターになれるのかという点です。健康食品は、数多く販売されています。数多く販売されている健康食品の中から、自分がセールスコピーを考える商品に興味を持ってもらうことが、セールスコピーを考えるうえで大切なポイントの1つです。そこで文章を書くだけではなく、具体的な数字を入れることを意識してみましょう。例えば「多くの利用者が満足した健康食品」と書いてあるよりも、「90%の利用者が満足した健康食品」と数字が書いてある方が、読んだ方に興味を持ってもらえる可能性が高いのです。

またセールスコピーライターとして大切なことは、具体的な数字を入れるだけではありません。読み手に共感してもらうというのも、セールスコピーを考えるうえで忘れてはいけません。健康食品を購入したいと考えている方ならば、何らかの健康の悩みを抱えている方も多いでしょう。そこで悩みを抱えている方に共感してもらえるような書き出しにするという方法もあります。例えば書き出しに疑問文を入れることで、自分と同じ悩みを抱えている人がいるのかな?もしくは自分向けの商品なのかな?と興味を持ってもらえる可能性が高くなります。このように読み手の興味だけではなく、共感してもらえる文章を作るだけで、効果的なセールスコピーを考えることにつながります。

セールスコピーライターという仕事に興味を持っていても、国語が苦手な自分には向いていないと考えている方もいるかもしれません。ですがセールスコピーを考えることは、国語が苦手ということとは関係ありません。セールスコピーライターとしてある程度の実績がある方のすべてが、国語を得意としているわけではないのです。国語が苦手な方でも得意な方でも、セールスコピーについて勉強して実績を積むことで、誰でも同じように稼げるようになるチャンスがあるのもポイントの1つです。誰にでも稼げるチャンスがあるからこそ、自分の可能性をつぶさずにチャレンジしていくという気持ちを忘れないようにしましょう。

またセールスコピーライターはインターネットが利用できる環境にあれば、誰にでも簡単に始められます。気軽に始められるからこそ、多くの方に見てもらえる文章を作るチャンスがあるのです。ただし多くの方に見てもらえるような文章を作るためには、さまざまな工夫が必要です。健康食品のLPを作成しようと思っても、最初は思うように文章が書けないということもあるでしょう。時にはスランプに陥ってしまうこともあるかもしれません。ですが最初は思うように文章が書けないのは、誰でも同じことです。基礎知識の引き出しがない状態で文章を書こうと思っても、上手く書けるものではありません。そして実際にLPを作成するようになると、自分の知識だけで書けなくなることもあります。文章を書いてアウトプットしているだけでは、新たな文章が書けなくなってスランプに陥る方もいます。そのためセールスコピーライターとして文章を書くだけではなく、時にはインプットして新たな知識を身につけて文章を書くようにしましょう。