セールスコピーの書き方や例としては

セールスコピーライターと呼ばれる職業があります。その場合はセールスレターを企業とか個人から依頼を受けて文章を書く人という内容で語られることが多いものです。

セールスレターとはコピーライティングを使って商品やサービスを売り込むのにそれに特化した文章術で書かれる文章を言い現在ではサイトのランディングページのような縦長のページのことを指します。
しゃれたキャッチコピーを書くことで有名な人も存在しますがこの場合はコピーライターの方を指します。キャッチコピーはCMでも使われるようなイメージアップのためのコピーを指しブランディング効果を高めるという目的を持っています。

これに対してセールスコピーは反応を得るためのレスポンスコピーのことを言い読んだ人に行動を起こしてもらうことを目的に作成されます。そして通常それは長文であり、文字数は数千字から数万字に及ぶこともあります。
分かりやすい例として何をして何々をする方法とか、何について知っておくべき何個のテクニックといったように、その続きを読みたくなるような書きだしで始まる場合が多いとされています。

セールスマンの使うような語り口の文体が使われ、商品やそのサービスを利用すればどのような効用や満足感が得られるのかを説明します。
そして最後にはお申込みはこちらからとか、先着順に数を限定して何々が特典としてついて来ますという文言がついていたりしてその行動に駆り立てます。
セールスマンがセールストークに用いるものがセールスライティングでありこれを駆使すれば動画においての台本も書くことが出来ます。

内容としては直接行動に訴えるものでなければなりません。これには購買心理学も知っておく必要がありますしマーケティング理論の知識も身につけておく必要があります。
そして重要なことは結果として申し込みがあるかないかという数値で判断されることになります。

売れるセールスコピーで大切なことは文章のテクニックととらえがちですが、実際はその構成のほうが重要視されます。
その構成は例としてAIDMAやPASONAの法則が知られています。
PASONAの法則はProblemとしての問題提起があり、Agitateで問題をあおりたて、Solutionで問題解決策を提示する。そしてNarrow Downで顧客や期間を限定して、最後にActionで行動を呼びかけるという順序で申し込みへと導くようにします。

これを職業にするにはコピーライティングの勉強をしてお金のもらえる文章を書くことから始めると良いと言われています。講座を受講したり実績のある人に教えを請うという方法もあります。
さらにサイトでも多く学ぶことが出来ます。その1つがホームページの製作事例を見てコツを習得するということも出来ます。