ランディングページに必要なセールスコピーの書き方

化粧品の通販サイトでは、売り上げを増やすためにランディングページを作ることが必要になります。そこで重要なのが購買につなげるためのセールスコピーの書き方です。本来ランディングページではそのようなセールスコピーは不要ですが、ユーザーはパソコンよりもスマートフォンでのアクセスをしています。この場合、従来の縦に長いランディングページでは、最後までスクロールすることなくサイトから離脱してしまう割合が増えてきます。そこでセールスコピーを入れてスマートフォンでの表示に対応することで、購入につなげる可能性を高めることになります。まずセールスコピーの書き方のポイントとして、短いセンテンスにまとめることが挙げられます。あまりに長い文章では最後まで読まれることがありませんし、すき間時間を利用しているユーザーの滞在時間内に読んでもらう必要もあります。

ランディングページでのユーザーの動向を解析し、何かしらの問題点を発見したならば、専門業者に頼むのも良いでしょう。化粧品のHPの改善方法としては、極力文字だけで必要な情報を伝えることができるようにすることです。化粧品はまず写真からイメージを掴むことになります。情勢ユーザーも視覚的な情報を多く得ようとします。そこでサイトのコンテンツは写真を多用して情報提供を行います。けれども最終的なランディングページでは、そのような情報は極力排除することが必要です。商品の購入をするかどうかの決断を下すページとなるので、余計な情報は不要というわけです。

ここでは最終的に化粧品を購入すればどのようなメリットが得られるのかを、的確に伝えるセールスコピーが必要です。ページもそれほど長い画面にならないように、コンパクトにまとめる技術も必要になります。このようなコンテンツの制作に不慣れであれば、外注で頼むのもひとつの選択肢です。専門技術を持ったライターは多くいますし、ランディングページでのコンテンツ制作に慣れているライターも少なくありません。またサイトの構築も検討すれば、ランディングページに至るまでに必要な情報を的確に提供できるようになります。SEO対策に関しても、セールスコピーで使用するキーワードを使うと効果的となります。ただし検索サイトから直接ランディングページへと誘導されることがないように、他のコンテンツページでキーワードを適切に使用するような工夫も必要です。その上でどのようなセールスコピーを作るかを検討することが大切と言えます。