化粧品の売れるセールスコピーとは

化粧品のHPの制作を行う場合、セールスコピーは非常に大切になります。顧客は何らかの目的を持って、webページに訪れているのですから、その目的に応えるLPとすることはもちろん、「購入」というアクションに繋げることができなければ、単に便利なサイトで終わってしまいます。最近では、広くワードプレスが浸透してきましたから、プラグインと組み合わせることで、見栄えの良いwebページを作成することは、非常に簡単になりました。それだけに、見栄えの良い自己満足に終始しているwebページが多いのも事実です。あくまでも、webページは顧客に商品紹介し、「購入」というアクションを起こさせることが目的だということを忘れてはなりません。

さて、実際にLPを制作する場合に意識しなくてはならないのが、顧客に対して問題を提起し、それを放置しておくとどうなるのか等をイメージさせ、製品を提案する流れを作ることが大切です。さらには、その製品を利用することで、どういった結果を得ることができるのか、また、今しかその製品を手に入れることができないことを示し、購入に繋げていくのです。つまり、顧客に動機付けを行い、購入するか否かで迷っている顧客の背中を優しくプッシュするLPが理想であると言えます。その中で、セールスコピーは、顧客に伝えたい事柄を要約したものであり、例え本文を読まなくとも、内容がイメージできるものでなければ、顧客に「購入」を促すことはできません。

化粧品のセールスコピーを制作する場合、最も大切なことは顧客の絞り込みです。特に化粧品は年齢層によって、販売する商品や売れ筋の商品が異なりますから、あまり多くの年齢層をターゲットとすると、具体性のかけるものとなります。そして、セールスコピーには可能な限り数字を盛り込み、顧客がイメージしやすいものとすることが大切です。例えば、アンチエイジングを目的とした商品であれば「5歳若返りたいと思いませんか?」「1日10分間のお手入れで見違えるほど肌が変わります」などとすれば、顧客はその化粧品を使用した結果をイメージしやすくなります。また、他の商品にはない強みをアピールすることも大切です。こういった場合は、「世界で1番最初に販売された」などとすれば、顧客の強い関心を得ることができます。つまり、化粧品のセールスコピーは、いかに顧客に使用後の変化をイメージさせるかが大きなポイントであり、数字を使って、直接的な描写を盛り込むことが重要です。