セールスコピーライター年収はどのくらいか

通販のHPの制作会社は、顧客から依頼されて、LPを作成しています。LPはランディングページのことで、そのページから直接商品の購入に結び付けるためのホームページです。特徴は、その一ページですべての情報が完結していて、特にリンクはついておらず、そのまま商品の申込や問い合わせにつながることを目的としています。リンクを貼れば閲覧者が外部のサイトに逃げてしまう可能性があるからです。また、そのページで完結させて商品の購入や問い合わせなどのアクションに綱が得るためには、そのページで商品の特徴や魅力を余すことなく伝える必要もあります。これは、セールスコピーライターの腕の見せどころです。

セールスコピーライターは、セールスのための広告文章を作成する職業です。イメージ広告のコピーライターとは異なり、直接特定商品の購買につなげることを目的とする文章を作成します。イメージ広告のコピーライターの場合は、あくまで企業や商品などのイメージを作るための文章を作成するための文章を作成するので、抽象的な表現や比喩などで直接的な表現をしないこともありますが、セールスコピーライターの作成する文章は、商品の購買につなげるための広告文を作るわけなので、消費者目線でその商品が良いと思える具体的な書き込みが主軸となります。このように、両者の広告の性質は異なりますから、それぞれ向いている人とそうではない人がいます。

セールスコピーライター年収は、どのような会社に勤めるのか、といったことで異なります。独立して自分で会社や事務所を立ち上げるのであれば、セールスコピーライター年収は自分の頑張り次第といったところですし、どこかの企業に属するのであれば、セールスコピーライター年収はその企業の給与体系に従ったものとなるでしょう。これらは結構幅がありますから、人によるとしか言えません。少ないところでしたら年収が220万円程度のところもありますし、独立をすれば青天井です。そのため、夢は有りますが、初めのうちに勤めた会社の給料が低い場合は、将来的な収入の伸びもそこまで期待することはできませんから、いずれは独立をするために実績を上げる事を目的として勤めると良いでしょう。もちろん、制作会社によっては実績に応じて給料を挙げたり、結果を出せばインセンティブをもらえたりするところもありますから、どのような選択をするのかは、それぞれの判断次第です。