セールスコピーに関する本について

セールスコピーということばが聞かれます。セールスコピーはものを売るために作成される文章で主にダイレクトメールやウェブサイトのランディングページなどで使われます。
通信販売とか求人募集の案内で、物品購入申し込みとか問い合わせの件数を伸ばすのに重要な役目を担っています。
申込を行った人の性別や年齢、職業柄などの分析からそれ以降同じ属性を持った人に向けてセールスを行う際にも配信を安く抑えることができその結果効果を大きく伸ばすことが可能になります。

セールスコピーでは対象となる顧客を明確にすることが必要になります。欲求キーワードというものを探し出して売るためのキーワードに書き直します。そして欲求キーワードと売るためのキーワードを巧みに組み合わせたりしながら効果的なものに組み直して行きます。人は関心のあることには敏感なもので常にその情報を得ようと準備しているものです。
欲求キーワードを組み合わせて行くとセールスコピーのライティングも簡単に作成することが出来るようになります。

この専門家と呼ばれる人はコピーを読んだ人が自然と行動したくなるといった特徴を持つとされています。
イメージ広告の場合は商品とかサービス提供会社のイメージがあがると目的を達成したとみなすことが出来ますが、セールスコピーは一歩踏み込んで購入に結び付く行動をとるように持って行くというところに特徴があります。

就職先としてはウェブマーケティング会社に就職する例があります。それ相当の月収になると言われ、実績を積めば自宅で高額収入を得ることも可能と言われています。しかしこの分野の内容を学べるところは現在ないと言われ、サイトを通じて情報を見つけるか、特別な講座を受講するのが良いとされています。

キャッチコピーを書くライターはより簡潔で効果的なキャッチフレーズを書くことで有名なライターが存在しますが、セールスコピーライティングはセールスレターと呼ばれるような長い文章を書くところが違います。マーケティング的な意図を持って顧客心理を理解し、商品が売れるしくみ作りを行う人とも言えます。
ブログを書いたりメールマガジンの代筆を行ったりアフィリエイトサイトの運営を行ったり、マーケティングのコンサルティング業務を行うこともあるようです。

現在セールスコピーに関する本は多く出ています。中でも現代広告の心理技術101という本は定番の1冊として知られています。
あと大手通信販売会社でキーワード検索をかけ、おすすめ順に並べ替えるとその星の数やレビューの欄からも参考にできます。出来れば読むだけでなくアドバイスしてくれるような人を身近に持っているとその知識も確実なものになるとされています。