セールスコピーの一覧を使った学習法について

オンラインで商品を販売するためには、ランディングページと呼ばれるものが必要です。一般的にランディングページとは、商品を売るために書かれた、長いウェブページを意味しています。適切なランディングページは、オンラインで商品を売るときには、必須の条件にもなっており、とても重要な位置を占めています。商品の品質が良くても、ランディングページが適切でなければ、大きな販売量にはならず、赤字になるときさえあります。ランディングページの中では、セールスコピーが特に重要視されています。セールスコピーは、キャッチコピー、ボディーコピー、クロージングコピーを含める、ランディングページのコンテンツのほとんどを指しています。文中に挿入される、画像やグラフ、図などもセールスコピーには重要な要素です。

セールスコピーを書く際には、顧客心理に訴えかける文章で書く必要があります。また、顧客は広告をほとんど読まないことが多いので、画像やグラフ、分かりやすいキャッチコピーなどで、目を引かせる必要もあります。ただ、セールスコピーを書くときは、文章や構成を考える前に、ターゲットを明確にしておきます。商品内容が同じでも、販売対象となるターゲットが異なれば、適切なセールスコピーは変化します。ターゲットを定めた後、文章やデザインを考える際には、ランディングページの一覧が参考になります。ウェブサイトの中には、ランディングページをジャンルごとに一覧にまとめ、公開しているところがあります。一覧で見ることで、同じような商品を売るときでも、ターゲットごとにランディングページが変化しているのが分かります。また、画像の挿入の仕方や、価格表示の仕方、色の付け方など、一覧で見ることで比較が容易になります。一覧で見るランディングページ内の表現を組み合わせることで、効果的なセールスコピーを作ることも可能です。

ランディングページの一覧比較をしながら、コピーライティングを学習していれば、セールスコピーを書く技術は上昇します。また、他のジャンルの通販のHPと製作代行業者を研究することでも、技術は上昇します。特に、ランディングページの製作を代行する業者は、価格帯が異なることが多くあります。そして、価格帯の違いによって、各代行業者のランディングページも大きく異なります。価格を高くしても、ランディングページの表現を変えることで、値段に見合ったサービスに見せることができます。製作代行業者のランディングページを研究することで、価格を高くしたときの、適切なランディングページの書き方を分析できます。また、安い価格帯のサービスでも、品質が落ちてはいないように表現する方法の、研究材料にもなります。