ランディングページのセールスコピーに必要な意味

ランディングページにおけるセールスコピーは、そのページの中の内容に終始つきまとうものになります。話題がずれたり脱線したりすると閲覧者にとっては意味のないものになってしまい、そのページから離れていってしまいます。セールスコピーの重要性はターゲット層が絞られているか、閲覧者が興味を持つ関心ごとに触れられているか、ページの内容を端的に表しているかなどがあげられます。優れたコピーでも記事の内容と合致していなければ意味がありません。

ホームページのデザイン例においても、セールスコピーは欠かせないものになっています。意味のあるセールスコピーは、ランディングページ全体を俯瞰してデザインの特徴さえも決定づけてしまいます。ページの内容やテーマによってカラーは決まってきますし統一感も現れてきます。閲覧者を引き付ける商品説明にはなぜ多くの共感者を生むのかを決定づける意味が必要になってきます。ケースにより表現はいろいろありますが、それが画像なのかグラフであるのか図であるのか、状況における関連付けは必要になってきます。ランディングページの形式は縦に長いものが主流なので、ページの節目に購入や登録などの確定ボタンを設置することで成約率にも差が出てきます。その際にもセールスコピーを挟むことで、ページの節目のアクセントにもなります。

デザイン面においてもセールスコピーの配置は重要です。流入してきた閲覧者がそのページがランディングページである、と認識させることが重要です。ページ先頭部分の内容が充実していれば、閲覧者はページに興味を持って読み進めていってくれるはずです。コピーの内容は商品により違いますが、キーワードの選定ができていなければ意味がありません。セールスコピーに閲覧者が求めているキーワードがなければ読まずにページを離れる可能性が高くなります。流れを考えてそのページがどんな商品のページであるかということを常に意識しておく必要があります。ランディングページには成果を左右する直接的な影響力が出てきます。その最大のポイントはセールスコピーです。コピーの出来不出来により成果率も変わってきます。ランディングページは商品説明だけでなく、閲覧者に共感してもらえるポイントを提示する必要があります。興味につながる文章なら読んでいても苦になりません。閲覧者に自分の悩みや欲しい商品について共通の情報を提示することでより共感を含む部分を確認していもらうことが、成果を上げるために大切なことのひとつになります。