セールスコピーの作成を依頼するときの注意点

近頃、セールスコピーライターとして働いている方が多くなってきています。たくさんの人や、会社がコピーライティングの大切さに注目し始めたことが理由の1つとなります。このことは、非常に良い傾向といえます。優れたセールスコピーライターに業務を依頼したり、雇い入れたりして広告文を改善すれば、売り上げ高の向上に繋げることができるためです。問題となるのは、どうやって優れたセールスコピーライターを探して依頼するかになります。どういった分野でも当てはまりますが、急に需要が増えるサービスは質が不均一になりやすい傾向があります。このことは、セールスコピーライターにも当てはまります。セールスコピーライターに業務を依頼したら、使い物にならない広告文が納品されたという経験をしたという人は少なくありません。

セールスコピーは、文章を使ってセールスを行います。文章には、必ずお客様という読み手が存在します。セールスコピーライターには文章を読むことになるお客様が、何を考え、どのような気持ちで読んでいるのかをイメージする能力が必要となります。イメージする能力があるかを見極める方法として、リアルセールスを経験しているかどうかということが挙げられます。リアルセールスとは、依頼者と実際に対面して行うセールスのことになります。リアルセールスを行っていると、依頼者の話し方や、表情を伺いながら、問題点や、ネックになっていることなどを汲み取ることができます。文章を使ったセールスは、依頼者の表情を見ることができません。ところが、リアルセールスをすでに経験していれば、不快に感じたり、疑問を持たれる表現を予測できるようになります。リアルセールスを経験していない方が、お客様の心情を汲み取るのは、非常に困難です。

リアルセールスを経験していないと、テクニックに頼ってコピーを作る傾向にあります。ウェブサイトを見ていると、すでに読んだことがある文章のように感じることがあります。キャッチコピーや、商品の説明の仕方、煽り方、価格の示し方などが、ありふれた印象になってしまうのは、テクニックに頼って広告文を作っているライターが少なくないためになります。こうなってしまうのは頼れるのがテクニックしかないのですから仕方ありませんが、それだと売り上げに繋がる広告文を書くことは困難です。ですので、セールスコピーライターを探すときには、リアルセールスの経験があるかどうかを基準にするのが良い方法の1つとなります。