wikiでも解説していないセールスコピーの必要性

ECサイトなどに登録すると毎日のように、ダイレクトメールが届きますが、そのダイレクトメールの文章を構成するのがセールスコピーです。実際にセールスコピーを用語や人物の検索でもよく活用されるwikiで検索しても掲載されず、コピーライターの説明のみとなり、それほど用語としては重要視されていません。ただwikiには解説されることはないにせよ、人々の購入しようとする消費行動を起こさせる文章を意味することが多く、コピーライターの手により生み出されることも多いです。セールスコピーの優れた点は売上に貢献する文章で、ターゲット層に訴えかける力を持ち、その文章によっては販売数や集客数の増加にも繋がるため、実際に最適なワードを用いて文章を作成することがポイントです。

まずセールスコピーを展開する上では、視覚的に大きめに書かれるキャッチコピーの構築からスタートします。キャッチコピーはそのまま商品やサービスを一言で表現した言葉で、それを読むだけで読み手に様々とイメージが湧きやすい、ワクワクさせる表現が求められます。ほとんどがつまらない何気ない状況にあるので、そんな中にあって、人々がへーと関心を引き起こす表現が必要です。その後に販売する商品を明らかにするのと同時に、発信者は受け手の立場に立った視点で文章を構成していくことが大事で、その商品の良さを様々な角度から解説していくことが求められます。ランディングページでは読み手には様々な方がおられるため、一つの視点よりも様々な角度からピンポイントで解説していくことが重要となります。

セールスコピーは、常に人を惹きつけ、次々と読み進めたくなる様なワードで文章を構成することがポイントです。もちろん視覚的な写真や絵などのイメージと共に文章が載せられると興味や関心を惹きつけます。そして興味や関心を惹きつけたら様々なメリットに訴えかける表現を行い、実際にそれを閲覧された方のイメージが湧きやすいような文章を盛り込んでいくように展開していきます。最後に最終的な消費行動を起こさせる文章で締めくくることでクロージングを行い、人々の消費行動を起こしやすくします。ECサイトで紹介されている商品の中でも、販売数や売上数をアップしている商品は、ほとんどが魅力的なセールスコピーを持っているケースも多いです。セールスコピーの優れた点は、セールスの仕方を人々のニーズに従って微妙に変化させることも可能で、いくらでもやり直しがきく点です。やり直しがきくことは、それだけ工夫の余地があるため、試行錯誤してでも売れるフレーズを構築できる無限の可能性も秘めています。