セールスコピー上達のためにおすすめの本について

ランディングページがあることは、オンラインで商品やサービスを販売ために、必須の条件です。ランディングページの広義の意味は、サイトやブログを含む、ウェブページ全般です。しかし、一般的には、商品を売るために使われる、長いウェブページのことをランディングページと言います。ランディングページの中で書かれる文章や挿入される画像は、セールスコピーと呼ばれています。セールスコピーは、ランディングページのほとんどの部分を占め、キャッチコピーやクロージングコピーも含まれています。セールスコピーを書くためには、コピーライティングと呼ばれる技術が必要です。そして、コピーライティングの技術に関する本は、数多く出版されており、独学でも上達が可能です。

コピーライティング上達のために出版されている本は多く、品質は高いものが多いです。しかし、特におすすめの書籍としては、神田昌則著作のものです。神田昌則は、コピーライティングを日本で広めた第一人者であり、彼が書いたものは数多く出版されています。時代が古いものも多いので、オンラインでの商品販売を、前提としていない書籍もあります。しかし、PASONAの法則といった、セールスコピーを書く際の基本となる部分は、古い書籍であっても参考になります。また、ジョセフシュガーマンが書いた書籍も、セールスコピーを書くためにはおすすめです。ジョセフシュガーマンは、テレビを使ったダイレクトマーケティングで活躍していた人物です。インターネットが発達する以前に書かれた書籍がほとんどですが、表現の仕方や、顧客に最後まで文章を読ませる技術など、身につけておくべきです。他にも、ダンケネディ、ロバートコリアー、佐藤昌弘など、おすすめの著者は多くいます。

セールスコピーを書くとき、最も重要な位置を占めるのは、文章になります。文章が拙ければ、商品の品質が良くても、ランディングページが最後まで読まれず、販売は失敗になることが多いです。しかし、セールスコピーをでは、デザインも重要な位置を占めています。背景画像や文字の色など、ターゲットに合わせて、適切に変える必要があります。また、商品内容とデザインが異なれば、顧客に違和感を発生させ、商品の販売量は減ってしまいます。ランディングページのデザインを学習するためには、健康食品のHPのデザイン例を参考にすることが、おすすめです。健康食品では、商品内容が同じようなものであっても、ターゲットに合わせて、セールスコピーの内容を変えています。また、複雑な食品の成分を、分かりやすい表現で書くことの、お手本にもなります。健康食品のLPを、一覧で見ることができるサイトもあり、学習はしやすいです。