セールスコピーライターとして起業するために必要なスキル

これから起業しようとしている人にとって、足かせの1つになっているのが初期投資ではないでしょうか。しかし、初期投資をほとんど必要とせず、明日からでもすぐに起業できる職業があります。セールスコピーライターです。必要なものは紙とペン、パソコンとネット環境のみです。特別な資格も必要ないので「プロのセールスコピーライターとして独立しました」と宣言するだけです。とはいっても、スキルがなければお金の稼ぐことはできません。では、起業して、それだけで生活できる以上のお金を稼ぐためにはどんなスキルが必要となるのでしょうか。

セールスコピーライターの需要が高まったのは、インターネット全盛の時代になってランディングページが商品販売の成否を左右するようになってきたからです。つまり、セールスコピーライターが最も必要とするのは、売上を上げるためのコピーを書くスキルです。ただ、書くスキルといっても作文が上手という意味ではありません。セールスコピーライターの仕事はコピーの力で商品の良さや価値を伝え、読者にメリットを感じてもらい購入に結びつけることです。つまり売るための文章スキルです。作文として優れている文章ではなく売れる文章を書くスキルが重要です。売れる文章を書くためにはリサーチ力も大切です。売る商品と競合商品のリサーチ、見込み客のリサーチ、マーケットのリサーチを通して、どんな人がどんなことを期待して商品を欲しがるのか。購買心理を理解してコピーライティングしていかなければいけません。ですから、売れるセールスコピーを書くためには営業のスキルやマーケティングの知識も必要になります。また、営業スキルはコピーライターの仕事の獲得にも必要なスキルです。

そして、もう1つ身につけておいたほうが良いのがWeb制作やコーディングの知識です。セールスコピーライターの仕事はDMやチラシなどWebサイトだけに限りませんが、今もっとも求められているのがランディングページのコピーライターです。結果が出るホームページとコーディングは密接な関わりがあります。ランディングページはセールスコピーだけで構成されているわけではありません。ランディングページは全体構成、セールスコピー、デザイン、コーディングなどの要素が重なり合ってクオリティが決まります。必須の知識ではありませんが、Web制作やコーディングの知識があればコーディングしやすいランディングページにマッチしたコピーを書くことができるでしょう。