健康食品のウェブサイトにおける有効なセールスコピー

健康食品のHPとキャッチコピーは、その製品の売り上げを大きくさようするものですから、丁寧に作成しなければなりませんが、大切なことは、訪問者が求める情報を提供するだけでなく、紹介する製品を使用することによって、どういった変化がもたらされるのかを明確に示すことです。近年、ワードプレスが普及したことにより、外注ではなく自らウェブサイトを作成する会社等も少なくありませんが、少なくともLPには、その製品を購入するまでのストーリーをしっかりと立てておくことが求められます。しかしながら、実際には、見栄えにばかり傾注したサイトが多いのも事実であり、思うように実績を伸ばせていないのが実情です。もちろん、見栄えも非常に大切な要素ではありますが、まずは対象となる顧客を絞り込み、どういった悩みを持っているのかをリサーチすることが大切です。

さて、一口に健康食品といっても、その内容は広範囲にわたり、対象となる年齢や性別も様々です。つまり、ウェブサイトを作成する場合には、対象となる顧客を絞り込み、問題提起することから始めます。その際には「最近、朝起きるのが辛くありませんか?」といったように、相手に問いかけるセールスコピーを用いることで、顧客に対して「自分のことだ」と思わせることが大切です。つまり、問題を提起をするのです。次に、売りたい健康食品を紹介することで、その問題の解決策を提示していきます。さらには「使用後の3日以内に効き目が現れます」といったセールスコピーのように、使用した結果を数字で示すことで、顧客に使用した後の自分の姿を想像させ、グッと関心を引き寄せるのです。

ウェブ商品の利点は、いつでも自分の好きな時間と場所で商品を購入できることですが、その反面、顧客が迷っている際に、一押しができないところです。そこで「今から24時間以内限定」といったように、限定商品であることをセールスコピーに用いることで、顧客の購買意欲を高めることができます。また、競合する他社製品との比較やイメージ画像を用いることで、さらに購買意欲を高めることができます。このように、健康食品に関するLPを作成する場合には、まずは顧客の絞り込みを行い、その顧客に問題提起し、それを解決するためには、売りたい健康食品が有効である流れを作成し、本文の内容をよりわかりやすく伝えるために、セールスコピーを使用していくのです。また、セールスコピーには数字を用いることで、よりリアルに顧客に情報を伝えることができるのです。