セールスコピーライターとはどのような仕事か

セールスコピーライターとは、セールスレターを中心とした執筆を、企業などから引き受けて行う仕事のことです。請け負いで働くこともありますが、ランディングページ制作会社に専属で在籍している場合もあります。またセールスレターとは、文学ではなく、マーケティングの手法を駆使して書かれた文章です。商品を売るために書かれた文章なので、収益が上がるキャッチコピーが求められます。従って、クリエイティブな文学表現ではなく、顧客心理への深い理解を元に考案された文章が必要となります。

具体的には、ランディングページ用の記事作成やブログ記事、さらにメールマガジンやステップメール、ダイレクトメールなどの文章も考案します。シンプルで売れるランディングページの記事は、絞り込んだターゲットに向かって語りかけるような文章が特徴です。つまりセールスコピーライターとは、心理学にも詳しい人材と言えます。また健康食品の通販サイトなら、ダイエット目的の若い女性か、生活習慣病に悩む高齢者かによって、コンテンツも異なってきます。さらに高齢者はネットだけで注文することが少ないため、地元の情報誌や地域向けの小冊子などに、見本を封入するという方法なども取られています。その他、ランディングページの中に紹介されたメディア名を記載すると、信頼度が高まります。従ってセールスコピーライターとは、決して楽な仕事ではありません。さらにランディングページでは、コンバージョンボタンのクリック率を高めるための工夫が必要です。

尚、健康食品のHPの見積もりは、15万円程度が相場です。この中に最適化も含まれていると便利です。ランディングページは、制作後の最適化を行うことで、収益の増加が見込めます。業者に頼む時は、サービス内容も尋ねるべきです。通販サイトの制作の場合は、25万円から35万円前後かかることもありますが、業者の成功事例を前もって調べておくと安心です。有能なセールスコピーライターがいるなら、信頼できます。またコピーライティングは、ユーザーに購入という行動を駆り立てる文章を書く才能が必要です。この才能は、優秀な他のコピーライティングを参考にして学ぶことで、向上させることが可能です。そして実力が付けば、販売している商品の成約率を上げることができるようになります。またアフィリエイトサイトやブログを作成することでも、セールスコピーの力がつきます。自分でアフィリエイトを行ってみると、ブログを訪れた人に商品を買ってもらう方法を考えるため、セールスコピーの力もアップします。