ウィリアムヒルはやり方次第で儲かる

ウィリアムヒルはブックメーカーの最大手であり、日本がスポーツの国際大会に出る場合に世界ではどのように見られているかを確認する際によくウィリアムヒルのオッズが確認されます。もちろんウィリアムヒルで賭けに参加することもでき、少ない金額で楽しんでいくことも可能です。そんな中で儲かるようなやり方を模索していきたいところですが、初めてウィリアムヒルに参加するような人にとっては最初がとても重要です。

その理由は初回入金後のボーナスにあります。ウィリアムヒルでは初回入金後に100ドル程度の賭けを行えば、100ドルを上限にしたマッチボーナスがもらえます。このようなボーナスというのは実際に現金を得るまでに相当なハードルがあるものですが、この場合はマッチボーナスで得たお金を賭けて、それで的中させてしまえば丸々もらえて、現金化することが可能です。これを積極的に利用していくことが儲かることにつながります。

マッチボーナスは4回に分けられ、それを全額賭けなければならないとか、倍率が1.5倍以上でなければならないなどやや制約はありますが、いわばプレゼントであり、日本のサッカーの試合や特定の野球選手が所属するチームの試合などに賭けていけばこれらの制約は特に気になるものではありません。

100ドルをもらう場合には25ドルを4回もらうことになりますが、例えば1回の勝負で10倍になるようなものに賭けてみて、あとは手堅くいくというのも面白いです。そのマッチボーナスで元手を回収できれば、あとは利益分だけで楽しめます。儲かるような仕組みは最初に用意されており、あとは入念な準備を重ねて最初から勝負を仕掛けていくことも必要です。

ブックメーカー以外に、オンラインカジノのベラジョンカジノなどでも入金ボーナスが用意されていますね。